「蔓無源氏」の芋について
 国分酒造の焼酎の中で、「蔓無源氏(つるなしげんぢ)」の芋を使った焼酎は、「蔓無源氏」「蔓無源氏原酒」「安田」の3銘柄です。


この芋は、明治の終わりから、大正、昭和の初期にかけて栽培されていた芋で、平成15年に10本の苗から復活に取り組みました。

食用でもとっても美味しい芋で、甘くてねっとりとした食感が特徴です。
2013年11月に行われた、野菜ソムリエ協会主催の野菜ソムリエサミットでも、食味評価部門3位、購入評価部門4位と、ダブル受賞を頂きました。
野菜ソムリエの方から、
・果肉の濃いオレンジ色が美しく、甘さもあり、フルーティーな味わい
・ギュッと詰まった味と深みで、今まで味わったことのないようなサツマイモの概念が覆された感覚
といったコメントを頂きました。
http://vf.way-nifty.com/summit/2013/12/16-5cd1.html
http://vf.way-nifty.com/summit/2013/12/16-7b72.html



焼酎造りに使っても、独特のフルーティさが残り、「蔓無源氏」の芋には、不思議な魅力を感じています。